30女の思うところ 

30女クララは、独身、彼氏なし、ノンキャリア、無趣味。 そんな私のダメ目な日常。   ※ブログタイトル変えました。 旧ブログ名「クララ、日々の記録」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母のこと その後

なんで、みんなそんなにやさしいの~~~!!!!



なんで、どうして??




前回、母への怒りや複雑な感情をぶつけた記事を書いたら、一緒に考えてくれた方、やさしいアドバイスをくれた方がいて、本当にびっくりです。

去年は、心の中の比較的綺麗な部分だけをチョイスして書いていたけど(あれで? はいあれで)
今年からは、包み隠さず自分の弱い部分や汚い部分も書くと決めた。
共感してもらえないのも、批判を受けるのも覚悟していた。
場合によってはコメント欄をなくすこともあるだろうと思っていた。


本当に、助かった思いで一杯です。



わたしの心の中のことだし、誰も興味ないと思っていたし、恥ずかしいので書かないつもりでしたが、その後の心境の変化を少し書いておきます。



※本当に、わたしの心の中のちまちました思いですので、暇な人だけ読んでください。


まず「自分も母親との関係に悩んでいる」とのお言葉をたくさんいただきました。
どなたかの言葉にありましたが、やはり母親っていくつになっても存在が大きいんですね。


前回の記事を書きながら、心のどこかで「ちがう」と思っている自分に気がついていました。
書いていることは本心であって本心でない。
本心の一側面にすぎないというか。
本当の心の裏返しというか。


ぐるぐる考えていた私に、ある人がヒントをくれました。


「お母さんがクララさんを認めていないんじゃなくて、クララさんがお母さんを認めて
いないんだと思う」



あ、なるほど。
水の泡のようになにかがはじけた気がしました。


母は、娘の私が言うのもなんですが、すばらしい母なので。
小さい頃から、「すごいお母さんですね」「すばらしいお母さんですね」「あなたのお母さんは優しさと強さを兼ね備えているんですよ」などなど、言われ続けていた私は、自分が母を「認めているかどうか」考えたことがなかった。
母と関わった人間がことごとく認める母のことを、わざわざわたしが認める必要がないと思い込んでいた。

わたしの欠点コレクションの一つに、「執念ぶかい」がある。


小学校のころ、将来の夢を下品な言葉で否定されたこと。
宿題をやらなかったわたしを、外に連れ出して、涙ながらにバットでなぐったこと。(痛くなかったけど)
大学のとき、家出したものの2、3日で帰ってきた私に、一言も言葉をかけなかったこと。


母に対して「根に持っている」こと、思い返せばけっこうあるのである。

でも母には母の思いがあって、弱さがあって。
これらのことに足を取られて前に進めないのなら。
一度、「許す」と思ってみてはどうかと、とふと思った。


だから、母には言えないけど、誰もいない部屋の中で、


「私はお母さんを許します」
「お母さん、ありがとう」




と言ってみた。
正直、心からの言葉ではないと思う。
許すというのもなんだか上から目線だし。いざ母の前にでたら、また憎まれ口を言ってしまうかもしれないけど。
とりあえず、言ってみた。


そしたら、気持ちが落ち着いた、気がする。


今日、母から電話があった。
バツイチの男性の年齢がわかった。42歳。
まあ、そのくらいだろうと思ってたけど。

「どうする~? あんたのいいようでいいよ~」
んな、いい加減な。
「んじゃ娘が嫌がってますから、って断ろうかね」
まてい。
「あんた嫌よね?」
だからさ、お母さんはどう思うの?
「さあ~?わかんない」
そこで、わたしの疑問をぶつけてみた、これが弟のネルロだったら、バツイチの女性を紹介しようとするか?と
「え~? わかんない・・・・」
だ~みだこりゃ。


母はどうもなんにも考えてなかったようです。
やっぱり、ちょっと嫌味を言いたくなり「子供が結婚するかどうかは、親も関係あるらしいよ」と言ってみたら。

「そんなことないよ! ひどい親の子供でも結婚してるじゃない! そんなの関係ない! すばらしい親だったら、子供が結婚するの? まさか~!」


とまあ、100%予想通りの答えが帰ってきた。
なんだか怒る気もなくなった私でした。


とりあえず、当面の目標は、お見合いのときの身上書に「趣味」「特技」「長所」のどれか一つでも書けるようになること!
母のことは、「許す」という新兵器も使いつつ、対応していこうと思います。
またキレちゃうかもしれないけどね。



ここから私信・・・・

Nさんへ
そんなわけで、あなたのコメントがとても役に立ちました。
コメント消して欲しいなんて寂しいこと言わないで。
大切に残しておくことをお許しいただけませんか?

Aさんへ
いつも読んでいてくれた人がいたことに、狂喜乱舞してます。
あなたの母の分析はかなり当たってたみたいですね。
おっしゃるとおり、ちょっと私が過敏に反応しすぎていただけで、母は深く考えてなかったみたい(汗)
お互いがんばりましょうね。

Mさんへ
メールありがとう。上記の通り、心配ないです!
メールお返事遅くなってごめんね。お体大切に。


にほんブログ村 OL日記ブログへ
↑今日はどうしてもこの記事を上げたかった。
 そんな日に限って、アンナから、悩み相談の電話。1時間半・・・。
 「今日のクララってカウンセラーみたい、話聞くのうまいね」
 と褒められた。
 メアリー先生の見よう見まねなんだけどね・・・・。
 役に立てたので、ちょっと嬉しい。

*Comment

大変ご無沙汰しております。 

お見合いかぁ~┐(;´Д`)┌
自分は歳を増すごとに増えてウンザリしたクチです。
35歳を過ぎたあたりから、年下の申し込みが新たに加わり
後妻目当ての年配者の申し込みまでゴロゴロと出て来ました!
今の世の中、結婚しなくても困らない女性は多いけど
結婚しないと困る男性は増える一方~って感じがします。
クララさん、気を付けてね~ (`^´)>

あと、自分は毒親の所業を絶対に許す事が出来ないので
毒親と兄弟の存在を忘れる事にし、現在絶賛絶縁中です。
心も体も楽になりましたよ。
そして反省・・・もっと早くに絶縁すれば良かった!(--;
ではでは。。。

  • posted by みぃみぃ 
  • URL 
  • 2009.03/05 01:32分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.03/05 12:58分 
  • [Edit]

 

みぃみぃさんへ

見合いたくさん?? それは逆にうらやましいかも!
そんなこと言わないで会ってみればいいのにい!
もちろん厳選してね。

親から離れるのも一つの選択だと思います。
人の気持ちって変わっていくものだから、みぃみぃさんとお母様も、いつかいい方向に変わるといいなと密かに思ってます。

匿名希望さんへ

はい! どうもありがとうございました。
良かれと思ったことでも、上手くいかないことはありますよね。
わたしは貴方の気持ちを受け止めたつもりです。
これからも、よろしくお願いします。
  • posted by クララ 
  • URL 
  • 2009.03/08 00:30分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kurara2008.blog116.fc2.com/tb.php/98-371ab4e8

Menu

プロフィール

クララ

Author:クララ
クララです。
30代、女。
仕事は派遣、彼氏なし。ニート経験あり。
ほそぼとと、婚活やってます。
ノンキャリアの独身女ってどうすりゃいいんだと思う毎日です。


性格・・・ネガティブで非社交的。
     ADHDとLDの疑いがあり、
     精神年齢が幼い。
持病・・・毒舌(完治不能)
仕事・・・派遣社員(ノンキャリア)
     副業で家庭教師(休止中)
最近はまっていること・・・厄祓いと魔よけ。松本潤。

最近の記事

ブログランキング

登録してみました

FC2Blog Ranking

  にほんブログ村 OL日記ブログへ

メールフォーム

メールはこちらまで。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。