30女の思うところ 

30女クララは、独身、彼氏なし、ノンキャリア、無趣味。 そんな私のダメ目な日常。   ※ブログタイトル変えました。 旧ブログ名「クララ、日々の記録」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心療内科 2回目

心療内科2回目。

結論から言うと・・・・心療内科けっこういい!!


申し訳ないが、こないだの産業カウンセラーさんのカウンセリングと格が違う!

産業カウンセラーさんは、
ミスに落ち込むわたしに、「メモを取ったり、何度も確認するようにしてはどうですか?」とアドバイスしちゃったり(ミス→確認を増やすの法則も知らない人だと思われてる??)

アネットとの相性が悪い件も、「気にしなくていいと思いますよ?」とか言っちゃったり、(それができないから悩んでるんですが?)

挙句に、「クララさんは、わたしにアドバイスをして欲しいですか? クララさんみたいに何事にも否定的だと、アドバイスをしてもどうせ聞かないでしょう?」とか言い出したり。(つうか、わたし何しにきたの??)
 

心療内科の先生は、前回と同じ推定40前後の、優しそうな女医さん。
名前をつけてしまおう、メアリー先生(仮名)とさせていただきます。
 
メアリー先生は、基本わたしに質問して話させ、あまりアドバイスや、自分の意見を言わない。
カウンセリングの基本ってこれだと思う。(多分)




まず、前回からの経過を報告。
気持ちはだいぶ落ち着き、ミスは細かくメモを取るようにして、毎日反省するようにしたことなどを報告。

ミスの回数を聞かれて答えると、

メアリー先生「少し、多いかもですね

うー、やっぱり?


それから、子供の頃のこと、最近の人間関係で気になることなどを、話しているうちに、アネットの話に。

気にしちゃいけないと思いつつも、アネットの冷たい表情や、きつい口調におびえてしまうことを話す。

「ふうん、そこがこれからの課題みたいですね」

といって、メアリー先生が取り出したのは、ある心理テスト。
最初は、今の状態のまま、次にアネットの前にいるときの自分を想像して答える。

結果は・・・・普段からやや緊張が強めだが、アネットの前にいるときは、そのテストでの最上級の緊張状態。見事に、一番てっぺんに印ついていたので、苦笑い。


「その上司の前にいるときは、かなりひどい緊張状態にあるみたいですね。これは、きついでしょう」


あわてて、アネットはそんなにひどい人間ではないこと、世の中にはもっともっと意地悪な怖い人間がたくさんいるはずで、彼女のせいでは・・・と言い募る私に、メアリー先生は。


「そうやって、彼女を一生懸命かばいますよね。でもね、人間どうしても苦手な人っていうのはいるものです。クララさんにとっては、彼女がそういうタイプなんじゃないですか?」

た、たしかに・・・・。
アネットの、まったくミスしないところ、ミスに厳しいところ、そのくせ妙に女の子的群集心理を好むところとか・・・・。


メアリー先生「あのね、怖いものは怖いんです

う・・・・

メアリー先生「怖がっちゃいけない!と思おうとしてませんか?それだと余計怖くなるだけですよ? 今度彼女が怖いと思ったら、『怖がっていいだよ』って自分にいいきかせてみてください。そのほうが絶対楽なはずです」


クララ「・・・・・」


言葉が出なかった。


そして、メアリー先生は「私、クララさんの症状は、なんなんだろうって、どうするのが一番楽になるだろうって、ずっと考えていたんですけどね・・・・」と話しだした。

私を楽にするための方便かもしれないが、誰かにそんな風に言ってもらったのは、何年ぶりだろう。
人に優しくされなれていない、わたしには、その言葉がたとえ嘘でも嬉しかった。

それから、注意欠陥多動性障害(ADHD)は、多動の症状がないことから、注意欠陥障害(AD)になるが、やはり少しあるかもしれない、という話になって、

わたしは正直に、その病名を聞いて逆に少し楽になったこと、でも、その「病気だから」を言い訳にして、自分のやるべきことから逃げてしまわないか心配だと話すと、メアリー先生は、マスクでそこしか見えない目を細めて、くすくす笑った。


「あのね、クララさん。まだ2回しかお話してないですけど、わたしが思うに、あなたはそういう性格ではないと思いますよ。むしろ、今のあなたには、「言い訳」が必要なんじゃないですか? いいんですよ、「言い訳」にして」
 

クララ「・・・・・(じわっ)」


涙がにじんできた。
すごくすごく、ほっとした。

こんなわたしは、自分に耳障りのいいことを言ってくれる人にだけなびく、ずるい人間だろうか?

アネットにおびえ、自分のミスにおびえ、劣等感を背負ったまま、それでも「もっともっと」と自分に緊張を強いて仕事に望んでいた。
「普通」の人間ならこれくらい「普通」にこなせるはずなんだから、この程度のことで、弱音吐くのはおかしいと思っていた。

でもやっぱり、きつかった。
わたしには、つらかった。
アネットは、怖い。

そういう感情を、否定しないこと。
荷物の下ろし方を、少し思い出しました。

結論・・・・心療内科お勧めです。




にほんブログ村 OL日記ブログへ
↑そして先生の言うとおりにしたら、たしかにそのほうが楽でした。
 脳トレはまだ続けています。

*Comment

 

よかったです~~
日本人て心療内科と精神病とを
一緒にする人がまだいるので
ご抵抗があるかなって思ったのですが
書いてみてよかったです。
クララさんが担当の先生が良いって
思われたこと、それもスゴクよかったです!

あと、ひとつだけ覚えていてくださいね。
人間関係は努力とかよりも、何となくの
「特に理由がない」相性というので決まります。

なのでこの先、何回か通ううちに
この先生とのカウンセリングに何か違和感を
感じることが、もしおきたら
それは、クララさんや先生が悪いのではなく
単純に相性が悪いだけってことを。

拝見した記事からすると、その先生は良い先生と
思います。ので、何か違和感を感じられたら
自分の中で考えず、まず、その先生に
相談なさってくださいね。
  • posted by 通りすがり☆ 
  • URL 
  • 2009.02/06 00:44分 
  • [Edit]

 

クララ
久しぶりに肩の張ってないクララを見た気がする。
  • posted by Rickey 
  • URL 
  • 2009.02/07 12:05分 
  • [Edit]

 

通りすがりさんへ

ありがとうございます。違和感ねえ、なるほど覚えておきます。
今のところ大丈夫そうですよ。あまり長く通わないことにしようとはおもっていますが、せっかくなので、しっかり診てもらおうと思います。

Rickeyさんへ

え~肩肘はってました?
というか、今までががんばらなさすぎだったんだと自分では思ってますけど。
いいことなのか、悪いことなのか・・・。
  • posted by クララ 
  • URL 
  • 2009.02/08 23:38分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kurara2008.blog116.fc2.com/tb.php/84-18d88796

Menu

プロフィール

クララ

Author:クララ
クララです。
30代、女。
仕事は派遣、彼氏なし。ニート経験あり。
ほそぼとと、婚活やってます。
ノンキャリアの独身女ってどうすりゃいいんだと思う毎日です。


性格・・・ネガティブで非社交的。
     ADHDとLDの疑いがあり、
     精神年齢が幼い。
持病・・・毒舌(完治不能)
仕事・・・派遣社員(ノンキャリア)
     副業で家庭教師(休止中)
最近はまっていること・・・厄祓いと魔よけ。松本潤。

最近の記事

ブログランキング

登録してみました

FC2Blog Ranking

  にほんブログ村 OL日記ブログへ

メールフォーム

メールはこちらまで。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。