30女の思うところ 

30女クララは、独身、彼氏なし、ノンキャリア、無趣味。 そんな私のダメ目な日常。   ※ブログタイトル変えました。 旧ブログ名「クララ、日々の記録」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女たらしの心理 2

前回の続き。

私が婚活で出会った男性をクソミソに言ってた時、私は相手の男性がぶっちゃけ嫌いだった。
二度と関わりを持たないと決めて書いてた。


男性が、女性をワンナイトラブに誘うとき、嫌いな女性はさすがに選ばないだろう。

(まあ、そういうのが平気な男性は、どっか心が病んでいて、実は女性不信なんだと私は思ってるけど。私が好きな芸能人も母親との間にトラウマを抱えている)

いきなりそういう関係になるわけがないから、「好きだよ」とか「きれいだよ」とか甘い言葉を絶対吐くはずである。


そう考えると、ちょっと違う?


う~ん、わかんない。


で、ここで行き詰って、考えること2、3日。
ふと思いついた。


あ、そうか「フィギュアコレクター」だと。

男性はよくモノを集める。
フィギュアとか、骨董品とか、切手とか、

旦那さんの大事なコレクションを、理解できない奥さんがこっそり売っぱらったなんて話はよく聞く。
逆はあんまり聞かないけど。

男性にとって、その集めているモノは、何より大事なものである。
レアなものを手にいれるためなら、前日の夜から列に並んだり、大金をはたいたりする。

その情熱はとてもピュアでいじらしいほどである。


女ったらしっていうのは、この情熱が「女性」に向かっているんじゃなかろうか、というのが私の仮説である。

実にやっかいな話である。


女性は自分を情熱的に求めてくる男性に「愛されている」と勘違いしてしまいかねない。

それでなくても、恋愛に奥手な草食系男子にうんざりしているところに、情熱的に迫られたらひとたまりもないだろう。
英雄色を好むというが、女好きということはそれだけエネルギーにあふれていて男性的ということであり、魅力的でもあるはずである。

だが、コレクションに加わったら最後、悲しい現実が待っている。
手に入れたコレクターは、次なる獲物を求めて、どっかに行ってしまうにきまっている。



残酷なようだけど、これ女は知っておいた方がいいと思う。


というのも、思い出したことがある。

数年前、ちょっとだけ「ナンパ」を趣味とする知り合いがいたのである。
彼の話から、ナンパ師のコミュニティーがあるのを知った。


ナンパ師の掟は「女性の人権は無視すること」

そして、お互い「戦果」を自慢しあう。
人数はもちろん、年齢や容姿によって女性にランクをつけるのである。


えっぐいな~、と私はますます男性不信を強めたことは言うまでもない。

(断っておくが私は、その男性と知り合い以上の関係にはなってない。
当時30を過ぎていた私は、「戦果」にならなかったし、彼らはこんな重い考えを持っている女を匂いでかぎ分けるので、私にはそういう男は寄ってこない。そうじゃない男もあまり寄ってこないけど、ほっとけ!)


さらにさらに恐ろしいのは、そのナンパ師さんが、一見好青年に見えることである。

むしろ真面目でピュア、友達思い。
どちらかと言えば、口下手で、むしろ奥手に見えるのである。

(私が好きな芸能人もそう。
不器用で一生懸命、正義感も強い、かわいい女の子の前に出るとしどろもどろになるとてもかわいらしい人である)


が、実際には女ったらしである。

真面目で優しいのも彼らだし、
女を人間として尊重できないもの彼ら、


結局私は、これだけ考えても、今一つ彼らを理解できなかった。

けど、



男性不信を強めたりはしない。



幸いなことに。

以前は、ひどい男性にひどい目にあって、女性はかわいそうだと思っていたけど、
一見不釣り合いな夫婦でも、必ずフィフティーフィフティーであるように、
男の問題はそのまま女の問題だと思う。


女を人間として尊重できない男がいるってことは、
自分を人間として大事にしてない女性がたくさんいるってことである。


女ったらしの男にひっかからないためには、
やっぱり自分を大事にすることだと思う。

男性にきちんと愛される価値が自分にあるんだって、知ることである。

やっぱり女性は、国や時代によっては、男性の奴隷的存在だったんだと思う。
昔の話ばかりでもない、
今でも、世界では、たくさんの女性が闇に消えている、
それは口減らしであったり、貧しい家計を助けるための身売りであったりするらしい。

そういった記憶が女性のDNAには刻まれているんだと思う。

けどそれにとらわれちゃいけない。

私が父親とのトラウマに気が付くことで、男性不信から回復に向かっているように、

女性が、女である自分を大事にすることで、

男性も少しずつ変わっていく。

私はそう思っている。



※私が検証したのは、「女たらし」さんたちであり、すべての男性を指すわけではありません。

が、「誠実な男性」の何割かは、お金と名誉を与えられることによって「女たらし」さんに変身しかねないと思ってますが。

スピリチュアル用語で「ワンネス」って言葉がある。

全ては一つ。

逆説的だが、自分と他人の境界線をしっかり引いて自分の感情を大事にすることで、他人とも元は一つであるという意識も目覚めてくるように思う。

その意識の欠如が、競争や戦争や女たらしや男たらしを生んでいるんだと思う。

……多分。

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.09/26 12:37分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.10/19 13:17分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2012.10/31 14:29分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2013.01/26 02:10分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2013.05/07 21:18分 
  • [Edit]

 

興味深い事を考えてらっしゃいますね。

分析力凄いと思います。
女たらしも気づいていない女たらしの心理に届いていると思います。

作者さんの幸せな生活を祈ります。
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.05/12 14:28分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2013.09/26 15:32分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kurara2008.blog116.fc2.com/tb.php/224-38c88c70

Menu

プロフィール

クララ

Author:クララ
クララです。
30代、女。
仕事は派遣、彼氏なし。ニート経験あり。
ほそぼとと、婚活やってます。
ノンキャリアの独身女ってどうすりゃいいんだと思う毎日です。


性格・・・ネガティブで非社交的。
     ADHDとLDの疑いがあり、
     精神年齢が幼い。
持病・・・毒舌(完治不能)
仕事・・・派遣社員(ノンキャリア)
     副業で家庭教師(休止中)
最近はまっていること・・・厄祓いと魔よけ。松本潤。

最近の記事

ブログランキング

登録してみました

FC2Blog Ranking

  にほんブログ村 OL日記ブログへ

メールフォーム

メールはこちらまで。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。