30女の思うところ 

30女クララは、独身、彼氏なし、ノンキャリア、無趣味。 そんな私のダメ目な日常。   ※ブログタイトル変えました。 旧ブログ名「クララ、日々の記録」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨夜の夢

夢を観た。

なんというか、今の私をとてもよくあらわしている夢だったから記録しておく。



私は仕事に行ったようだ。
だが、様子がおかしい。
なぜかそこは店が立ち並ぶ地下街?のようなところ。

そこで私は社員の★★さん(女性)に、

「今からみんな会議にいなくなるから店お願い」

といってなぜか店番をまかせられる。(クララは事務職です)

え? 店番? と不安を覚えるが、なんだか忙しそうな雰囲気にどうやって店番すればいいのか聞くこともできず。

「はい、わかりました」

と答えてしまう。
なぜか、店番は私と現実ではかなり前に退職している○○さん。
忙しいから急遽呼ばれたらしい。

私がレジにいると、男性が3人やってくる。そしてそれぞれに、難しい注文を出してきた。
「えっと、少々お待ちください……」とおろおろしている私に、3人は

「早くしろよ!」
「なんでわからないんだよ!」
「はあ? もしかして知らないの?」

と、イライラした様子。
私は、○○さんのところに相談にいくが、○○さんも初めてでなにもわかるわけがない。

○○さんの提案で、2人でわかる人を探しにいくが(店ほったらかして)、
よく考えたら会議中。
私の携帯で電話してみることに。

★★さん「ちょっと、さっき店をみたらいなかったけどどういうこと? お客さん困ってたじゃない!」

クララ「えっと、とりあえず、○○さんにかわります!」

私は○○さんに携帯を渡す。(おいおい)
○○さんが★★さんと話をした結果。
「向かいの店にエキスパートがいるから、その人に聞けばいい」
という情報を得る。

しかし、○○さんは、「簡単な仕事だからって来たのに、なんでこうなるの、もうやだ。ちょっと休もう」といって路地裏みたいなところに座ってしまった。
私は、○○さんに申し訳ない思いと、早く店に戻ったほうが……と思いながらも言い出せず、ただやきもきしながら横に座っていた。

店に戻ると3人のお客さんはまだいて、超ご立腹。
向かいの店の店員さんがやってきて、あっさり注文を片付けてくれる……


とまあこの辺で目が覚めた。

なんつうかもう。
夢の中でも、使えない女だよね私って。
自分の意見がまったく言えてないし、すぐ他人に頼ろうとする。
どっかで、難しいことは他人がやってくれると思っている節があることがよくわかる。




※ところで、数日前からなんか泣きたくてしかたなかった。
 今日ひょんなことから泣けたのですっきり。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kurara2008.blog116.fc2.com/tb.php/220-7cf3033f

Menu

プロフィール

クララ

Author:クララ
クララです。
30代、女。
仕事は派遣、彼氏なし。ニート経験あり。
ほそぼとと、婚活やってます。
ノンキャリアの独身女ってどうすりゃいいんだと思う毎日です。


性格・・・ネガティブで非社交的。
     ADHDとLDの疑いがあり、
     精神年齢が幼い。
持病・・・毒舌(完治不能)
仕事・・・派遣社員(ノンキャリア)
     副業で家庭教師(休止中)
最近はまっていること・・・厄祓いと魔よけ。松本潤。

最近の記事

ブログランキング

登録してみました

FC2Blog Ranking

  にほんブログ村 OL日記ブログへ

メールフォーム

メールはこちらまで。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。