30女の思うところ 

30女クララは、独身、彼氏なし、ノンキャリア、無趣味。 そんな私のダメ目な日常。   ※ブログタイトル変えました。 旧ブログ名「クララ、日々の記録」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てと仕事は両立すべきか?

イクメン、という言葉がもてはやされている。
もてはやされているだけで、実際には浸透してないようだけど。

私なら、一年休職して育児に専念したい旦那なんて気持ち悪いけどな……。
(そんなこと言ってるから結婚できないのか?)

私は昔から、母親は家にいるべきだと思ってきたが、今の時代、そんなこと言える空気ではない。

「子育て中は養ってもらいたい」

は、婚活女性の三大禁句の一つと言われている。
(ちなみに、あと2つは「引っ張っていってくれる人がいい」「自然に出会いたい」でも、本音としては3つとも言いたくないですか??)


「子ども手当てはいらないから保育園を作って」というのが世論らしい。(じゃなんで民主党に投票したのか、投票した人に聞きたいが)

でも、生まれてまもない子どもを預けて母親が働くことに、私はずっと違和感を感じていた。
その理由の一つがわかったから、忘れないように書いておく。


「お母さんに、子どもが甘える余地がなくなるから」だ。


働くって大変である。それがバイトでも、お金をもらう以上、人間関係はあるし、時間厳守は当たり前。
正社員で働くならなおのこと。

子どもは親が思う以上に親に気をつかうものである。

自分がいじめられたとき、悩みを抱えたとき、残業で疲れている母親に、言えるだろうか?
いまから出勤する母親に、「学校にいきたくない」なんて言えば困らせることくらいどんなに小さくてもわかるはずである。
なんらかの悩みを抱えない子どもなんているわけないのに。


アダルトチルドレンについていろいろ読み漁って感じたのは、小さい頃、必要以上に我慢を覚えたり、親に甘えることができなかった人間は、大人になってもずっと心の傷に苦しむということ。
私のように30代40代になっても、「母親から愛されたかった」という思いを抱えている人は意外と多い。
これから、ますますそういう人は増えるのかもしれない。
そして、小中学生の自殺が増えるのかもしれない。

主婦の間で専業主婦差別はかなり深刻らしい。
そりゃ、単に働きたくなくて専業主婦な人もいるとは思うけど。

ちなみに、今の私は母親に相談したい、と思うことはよくあるけど、私の母はとても忙しくたくさんの問題を抱えていて、ついでに超貧乏で借金とか抱えていて、とうてい言えない。
そして、親以外に悩みを聞いてもらえる人間のいない自分が、ものすごく価値のない人間に思えます。

本当は、母を甘えさせられるような人間になってて当然の年齢なのにね。


あと、不思議なのは、私自身結婚して子供を産みたいと思えなくなってきた。
私結婚したいから婚活してたんじゃなかったっけ??
私の体が出産に最適な時期を過ぎたせいだろうか?

そう思うとやはり少しさみしかったりする。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kurara2008.blog116.fc2.com/tb.php/204-6195451f

Menu

プロフィール

クララ

Author:クララ
クララです。
30代、女。
仕事は派遣、彼氏なし。ニート経験あり。
ほそぼとと、婚活やってます。
ノンキャリアの独身女ってどうすりゃいいんだと思う毎日です。


性格・・・ネガティブで非社交的。
     ADHDとLDの疑いがあり、
     精神年齢が幼い。
持病・・・毒舌(完治不能)
仕事・・・派遣社員(ノンキャリア)
     副業で家庭教師(休止中)
最近はまっていること・・・厄祓いと魔よけ。松本潤。

最近の記事

ブログランキング

登録してみました

FC2Blog Ranking

  にほんブログ村 OL日記ブログへ

メールフォーム

メールはこちらまで。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。