30女の思うところ 

30女クララは、独身、彼氏なし、ノンキャリア、無趣味。 そんな私のダメ目な日常。   ※ブログタイトル変えました。 旧ブログ名「クララ、日々の記録」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖母のお見送り

祖母の葬式が終わり、やっとブログが書けます。
今はとても、落ち着いた気分です。
結果的に、死に目から葬儀まで全部立ち会ったのは、叔母のL子とわたしの二人でした。
とてもいい経験だったと思うので、記録して置きたいと思う。



叔母のL子から電話があったのは、夜の11時過ぎ。
わたしはお風呂に入ろうとしていた。

「祖母の容態が悪いので、病院から・・・」

わかった、行きます。
そう答えたとき、わたしは「全裸」でした。

両親に連絡するが、なぜか何度かけても出ない。
しかたないので、妹のローラにメールを打って出発。

病室には、L子とその夫が来ていた。
祖母は、呼吸が浅く、脈も弱い。
祖母の手を握って、ひたすら祈る。
「ばあちゃん、大丈夫だからね」
「○○さん(早世した母の息子)、迎えにきてる? ばあちゃんをよろしくね」
治るようには祈らなかった。
 
L子の
「昼間は呼吸が穏やかで、大丈夫だったのに」(それは弱っているからです!)
「デイサービスに喜んで行っていたのに」(関係ないでしょ)
「ろうそくの炎が消えるようにはいかないものね」
「悲しいね、人の死って」(だから! まだ生きてるってば!!)
という発言に、青筋立てながら、とにかく、「見取る」ことが私の役目だとなぜか思った。

一晩中でも、そうしているつもりだったけど。
到着して1時間半ほどで、看護婦さんが
「先生、呼びますね」
と言った。
お医者さんは、目や脈や呼吸などを確認し
「○時○分、死亡を確認しました」
と言った。
ドラマなんかでよく見るけど、本当にそうなんだなあ。と不謹慎なことが頭をよぎる。
そして、わたし生まれて初めて、だれかの死に目に会ったんだなあと思った。

ばあちゃん、もう大丈夫だよ。
ちゃんと叔父さんに会えた?
ばあちゃん思い込み激しいところあるから、迷子になってないといいけど。


干渉に浸る間もなく、看護婦さんたちが、祖母の体をアルコールで拭き清め、霊安室へ移動。
霊安室で、葬儀屋さんが来るのを2時間くらい待った。
そこで、初めて祖母にお線香を上げる。
すごく不思議な気分。
毎朝欠かさず、お線香を上げていたおばあちゃんが、お線香を上げられる側になったんだね。
わたし霊安室とか、遺体とかすごく苦手なタイプなのに、不思議と怖いと思わなかった。
なぜだろう、今のわたしに悪いもの(悪霊とか)は取り憑かないって自信めいたものがあった。
祖母の顔は、安らかで、すごく綺麗だった。

母に連絡できた。
妹の話によれば、母は体調不良で寝込んでおり、電話が祖母の件であることはわかっていたけど、「取れなかった」らしい。体調のためというより、気持ち的に受け入れる余地がなかったらしい。

そして、祖母の「お見送り」は始まった。
それは、L子の「おい!」な言動との戦いでもあった。

つづく・・・はず。

にほんブログ村 OL日記ブログへ
ろくに更新できてなかったのに、たくさんのクリックありがとうございます!
感謝感激です。
それから、久しぶりにきてみたらなんでこんなにアクセス数増えてるの??
ちょっと、怖い・・・・。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kurara2008.blog116.fc2.com/tb.php/121-f4daefad

Menu

プロフィール

クララ

Author:クララ
クララです。
30代、女。
仕事は派遣、彼氏なし。ニート経験あり。
ほそぼとと、婚活やってます。
ノンキャリアの独身女ってどうすりゃいいんだと思う毎日です。


性格・・・ネガティブで非社交的。
     ADHDとLDの疑いがあり、
     精神年齢が幼い。
持病・・・毒舌(完治不能)
仕事・・・派遣社員(ノンキャリア)
     副業で家庭教師(休止中)
最近はまっていること・・・厄祓いと魔よけ。松本潤。

最近の記事

ブログランキング

登録してみました

FC2Blog Ranking

  にほんブログ村 OL日記ブログへ

メールフォーム

メールはこちらまで。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。